World Feeritage

特撮・音楽・ドラマ

【the pillows】30周年記念イベント参加レポ【@渋谷タワレコ】

ロッキンボーイな君なら、

『オーイェーアハーン』といえばBUMP OF CHICKEN

『かわE』といえばヤバいTシャツ屋さんとわかるはず。

『地蔵』といえばMr.Chi…

 

では、『アウイェ』『永遠のブレイク寸前』といえば?そう、the pillows

ブレイク寸前のまま2019年に結成30周年を迎える偉大なバンドです。

今回はその結成30周年を祝したイベント『the pillows museum Buster's diner』に

展示開始初日の8/30(金)に行ってきたので記録。

概要はこちら↓

the pillowsの関連資料が多数並べられるほか、山中さわお(Vo, G)が所有するギターも展示。内装はアメリカンダイナーをイメージして作られ、「Funny Bunny」のミュージックビデオのセットを再現したフォトスポットなども設置

natalie.mu

 

 

◾️展示風景

f:id:KosakiFe:20190902001827j:plain


f:id:KosakiFe:20190902001756j:plain

もうタワレコ7F→8Fへの階段に行く時点でこのポスターがお出迎えですよ。
サンキューバスターズ!

入場料金は1人500円。お布施にしては安い。

会場グッズのガチャの100円両替も入場料を払うところで行うので

多分慢性的に100円玉が足りないはず。

ライブハウス同様に、500円玉を準備していってあげた方がやさしい。

 

f:id:KosakiFe:20190902001908j:plain

中に入ると、今回のイベントロゴがタペストリーで掲示されてて、

その裏に特大のバスターくん。触れないけど一緒に写真が撮れる。かわいさよ。


f:id:KosakiFe:20190901235939j:image

壁面にはこれまでリリースしたアルバムのジャケットポスター。尊い


f:id:KosakiFe:20190901235957j:image

f:id:KosakiFe:20190902000054j:image

メンバーの演奏の時の写真。真鍋さんの肌ツヤ。


f:id:KosakiFe:20190902000012j:image

小道具。いわゆる仏舎利
f:id:KosakiFe:20190902000112j:image

楽器たち。暗い…ランハイうさぎ。 


f:id:KosakiFe:20190902000214j:image

 会場奥には過去のPVを投影。結婚式ムービーかな?

 

◾️参加型コンテンツ
f:id:KosakiFe:20190902003452j:image

PVの世界観で写真を撮れるブースあります。

見た限り撮ってる人はおらんかったけど…。

 

f:id:KosakiFe:20190902004757j:plain

この黄色いやつ、全部付箋でして

the pillowsへのメッセージを書こう!』っていうテーマが設定されてて、

書いたらこの壁面に貼っていくようなやつ。


f:id:KosakiFe:20190902003556j:image

さわおさん、多分読まれたかと思いますので、

託児所の設置をお願いします。ほら、ミスチルもやってるし。

託児所とは違うけど、あなたの敬愛するコレクターズはキッズTシャツも

売ってるので、子育て世代にも優しいグッズ運営希望です。

◾️会場限定グッズ

f:id:KosakiFe:20190902004831j:plain

ちょっと反射しちゃってるけどこんなラインナップ。

想定通り、バスターくんのぬいぐるみが恐ろしい速さで売れていくという。

まだ在庫あるかな。

 

f:id:KosakiFe:20190902004910j:plain

ガチ勢の友人の分もまとめて買ったら3万超えました。恐ろしい。

ちなみに、3,000円ごとに限定ステッカーくれるようでして、

10枚いただきました(写真忘れた…)。

レジは2つしかなくて、片方は現金のみなので注意。

f:id:KosakiFe:20190902003822j:image

 

今回のグッズはガチャがありまして、乗せられて10回も回してしもうた。

さよなら3,000円、よろしくレアアルバム。


f:id:KosakiFe:20190902003804j:image

オーパーツ、ハッピービバークこそ結構ダブったものの、よさげな出方でした。

スピッツもやってたし、今後●周年の時は増えてくんかな。

 

◾️おわりに

僕のようにthe pillows歴浅い人でも楽しめたので、

筋金入りのファンはぜひ行ってみてください。

現金を大量に用意して!バンビの目をしてガチャを回そう!

 

【ロッキン】1歳児を連れてロッキン最終日(最高気温33℃)を楽しむ方法【子連れ】

先日8/12(月・祝)に、千葉から国営ひたち海浜公園まで、

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019 5日目に参加してきました。

妻と子ども(1歳3ヶ月)と一緒に!!

 

炎天下の中、特に関東では40℃寸前という酷暑が頻発する中で、子どもを熱中症にするわけにいかずいろいろ調べてみたものの、あんまりネットで対策が見つからなかったので、備忘録も兼ねてブログとして記録しておきます。

妻さま、何日も前から色々と準備してくれてありがとう。

 

 

 

■ロッキンwith幼児を参戦するにあたっての家族状況・基本方針

家族構成的には、私と妻(二人ともアラサー、妻は育休中)、あと娘(約1歳3ヶ月、離乳食完了期だが乳離れ未完了)の3人。

千葉県北西部に住んでます。車あり。

 

とにかくこの参戦では『子ども第一』『絶対スピッツは見る』の2つを基本方針として臨みました。

二人ともスピッツ目的でチケットを取っているので、なんとかして16:45開演のスピッツの演奏は見たいところ。

なので、終演の17:30頃ですっぱり帰宅準備→早く帰ることを大まかなスケジュールとしました。

rijfes.jp

 

■持って行ったもの一覧(リスト化)

チェックボックスをつけたのでリストにしていただければ…。

持って行った理由については後述します。

 

【着替え系】

□①子どもの着替え(上下セットで5~6枚)

□②子どものオムツ(5~6枚、お尻ふきは80枚入り1パック)

□③ライブ用タオル(大人兼用で5~6枚)

□④バスタオル(大人兼用で3枚)

□⑤大人用の着替え(Tシャツ2~3枚)

 

【食べ物・飲み物系】

□①WAKODOのベビーフード(3食分)

□②子ども用おかし(お気に入りのおやつを何種類か+大人用の塩飴等)

□③2Lの水(事前に凍らせておく)

□④子ども用の麦茶(水筒に入れて冷たい状態をキープ)

□⑤子ども用の麦茶、イオンウォーター(ペットボトルで各1本ずつ)

□⑥子ども用のジュース(生協のミックスキャロットを選択、1~2つ)

□⑦水筒に入れた麦茶(大人がすぐ飲める用)

□⑧はちみつレモン、麦茶、水(大人用、事前に凍らせて1本ずつ/人)

□⑨零ICHI(ノンアルコールビール、1本/人)

□⑩保冷剤(両手いっぱい山盛りになるくらい、ジップロックに入れる)

□⑪保冷バック(大容量のものを2つ)

□⑫ジップロック(サイズ大きめを3つ、小さめを5つ程度)

 

熱中症、汗疹対策系】

□①ノンアルコールのウェットティッシュ(キレイキレイ等)

□②汗疹用のウェットシート(アセモケア等)

□③汗疹用の塗り薬(タクト等)

□④氷まくら(凍らせたものを1つ)

□⑤熱さまシート(未開封で2袋)

□⑥扇風機(USBで充電できるもの、1つ)

□⑦帽子(子ども用は普段使っているもの)

□⑧熱中症対策用マフラータオル(水につけると冷えるタイプ、Seriaで購入)

 

【その他】

□①テント(3~4人が座れるピクニック用で問題なし、カインズホームで購入)

□②テントの目印になるもの(テントに挿す旗等)

□③運搬用のキャリーカート(Coleman等)

□④レジャーシート(小さめのものを1つ)

□⑤虫よけグッズ(虫よけスプレー、シール)

□⑥日焼け止め(アネッサ等、子どもも使えるものが良い)

□⑦離乳食用のスプーン

□⑧授乳ケープ

□⑨モバイルバッテリー(フル充電して3つ)

□⑩だっこ紐(普段使っているもの)

□⑪ポケットティッシュ(3~4つ)

□⑫テントの目印になるもの(テントに挿す旗等)

□⑬母子手帳関係(緊急で病院に行く可能性があるため)

□⑭子ども用耳栓(装着を嫌がって結局使えませんでした…)

 

 

【あったら良かったもの】

□①水遊び用のオムツ

□②大人用の着替え(ズボン)

 

 

 以下、特筆すべきところのみ補足書きます。

 

【着替え系】

 ①子どもの着替え(上下セットで5~6枚)

  →なんだかんだ汗をかくので着替え多め。

   公園内には無料開放されているプーがあるので、体温を下げ、退屈させないためにそこで遊ばせました。

   もしあれば、プール用のおむつを持っていくとよかったかも。

hitachikaihin.jp

 

【食べ物・飲み物系】

①WAKODOのベビーフード(3食分)

 →当然ですがロッキン会場には子ども向けの食べ物もないし、

  コンビニは公園外にしかないので、事前に買っておきましょう。

  公園内に授乳小屋はあるものの、当日は閉じていたので授乳が必要になりそうなら授乳ケープ(【その他】の⑫)も準備を。

 

③2Lの水(事前に凍らせておく)

 →結構万能で、手洗い用の水、凍らせた飲み物に入れて解凍促進、子どもがそのまま飲める飲み水など、使用用途は多数。

  車で行くなら用意しておいた方がいいです。

 

⑨零ICHI(ノンアルコールビール、1本/人)

 →ノンアルコールビールだけど実質ビール。

  酒が好きな妻(授乳中なので禁酒)も納得の美味しさ。車で行くなら1本くらいは用意していっていいと思います。

 

⑩保冷剤(両手いっぱい山盛りになるくらい、ジップロックに入れる)

⑪保冷バック(大容量のものを2つ)

 →これは最重要。飲み物を冷やすのはもちろん、

  気温のせいで体温が上がった子どもに渡すと、自分でおでこなどに当ててひんやりしようとしてくれたのは助かった。

  最悪、大人/子ども関係なく熱中症になった場合でも処置に使える。

 

熱中症・汗疹対策系】

④氷まくら(凍らせたものを1つ)

⑤熱さまシート(未開封で2袋)

 →実際には使わず④は飲み物を冷やす程度で済んだけど、最悪の場合に使うことを想定。車まで戻って涼しい屋内で体力を回復させるのもあり。

熱さまシート 冷却シート 赤ちゃん用 12枚

熱さまシート 冷却シート 赤ちゃん用 12枚

 

 

⑥扇風機(USBで充電できるもの、1つ)

 →2019年夏に流行っているやつ。

  半日くらいは使えたので、クリップ式のものをテントの入り口につけて体感気温を下げるために使用。

  ただ、半日で充電切れになってしまうため、モバイルバッテリーは必ず用意していきましょう。スマホ台数+1個くらいが目安。

 

【その他】

①テント(3~4人が座れるピクニック用で問題なし、カインズホームで購入)

②テントの目印になるもの(テントに挿す旗等)

 →テントは設営・撤収のことを考えて、簡易的なものにしました。

  子どもが遊び疲れて寝るかもしれないので、親も一緒に添い寝できるくらいの広さがあればよいかと(ライブ友達が寄ってくれた時に座れるようにしたい)。カインズホームで4,000円くらいだったかと思います。

  すぐに折りたたみできるよう、事前に設営の練習は必須。

 

③運搬用のキャリーカート(Coleman等)

 →これは家族連れほぼ全員持ってたっていうくらい必須。大量の荷物を運ぶなら台車的なものは絶対必要です。

  Colemanが8~9割くらいの印象でした。

  あと、赤色のColemanばっかりなので、

  見失ってしまうと、どれが自分のかわからなくなります。

  赤は避けましょう。私は↓にしました。

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン 2000021989

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン 2000021989

 

 

 ⑤虫よけグッズ(虫よけスプレー、シール)

 →スプレーは言わずもがなとして、追加でシールも用意。

  どれくらい効果があったかは正直不明ですが、テントの入り口に貼って、虫対策としていました。

虫きちゃダメ シールタイプ 60枚

虫きちゃダメ シールタイプ 60枚

 

 

⑥日焼け止め(アネッサ等、子どもも使えるものが良い)

 →荷物がかさばらないようにしたいので、

  大人も子どもも使えるものをチョイス。

  アネッサの青がいいようです。ちょっと高めだけど効果あり。

  子どもの日焼け止めは何度も塗りなおしておきましょう。

アネッサ エッセンスUV マイルドミルク SPF35/PA+++ 60mL

アネッサ エッセンスUV マイルドミルク SPF35/PA+++ 60mL

 

 

当日のスケジュールや動き方

タイムテーブル

5:30   自宅を車で出発

7:45   指定駐車場に到着(休憩入れて約2時間で到着)

8:00   開門(かなり入場口が混んでおりすでに汗だく)

8:30   テント設営

9:00   テント設営や水分補給など完了

11:00   ライブ参加開始(子どもはフォレストステージで一緒にライブ参加)

12:30   水遊び場で遊ぶ → 30分程度でテントに戻る

13:30   大人は昼食、子どもは疲れて爆睡

15:00   子ども起床、遅めの昼食

16:30   ほぼ撤収状態にして、グラスステージ(スピッツ)に移動

17:30   終演 → 即撤収

21:30   途中のファミレスで遅い夕食を完了させて帰宅

 

注意ポイント(特筆すべきところのみ記載)

8:00   開門(かなり入場口が混んでおりすでに汗だく)

 →写真のように、ものすごい数の参加者がいたため、入場ゲートは混雑の極みでした。f:id:KosakiFe:20190816084803j:image

  テントの場所取りがその日1日の体調を大きく左右するため、入場後は事前に予定していた場所まで急ぐ!

 

  子どもはだっこ紐で移動しましたが、ただでさえ暑いので、ここはハンドサイズの扇風機を準備しておけば多少は体力消耗を防げたかも。

  子ども用ストローマグにいれた飲み物は、隙あらば手渡してどんどん飲んでもらうようにしました。

 

8:30   テント設営

  →テントは画像の位置に設営。

f:id:KosakiFe:20190816084836j:image

   ここなら木陰で直射日光から身を守りつつ、グラスステージの音もしっかり聞こえるので問題ないと判断。

   この位置では難しかったですが、少し移動すればグラスステージのスクリーンも覗けたようでした。

 

 

11:00   ライブ参加開始(子どもはフォレストステージで一緒にライブ参加)

  →参加したミュージシャンは下記のタイムテーブルの通り。

   (エレカシはテントで聴いて、ポルノグラフィティは私1人で参加)


f:id:KosakiFe:20190816085025j:image

 

   一発目に参加したかったのが妻と私で別だったため、木陰が多いサウンドオブフォレストに行った私が子どもの面倒を見ることに。

   結果、スクリーンは見えづらかったものの、木陰で聞けたので正解でした(飲み物は10分おきくらいにあげました)。耳栓は何度か装着を試しましたが、嫌がって結局ダメ。

   身体を揺らして楽しんでいたので良しとします。

f:id:KosakiFe:20190816085126j:plain

 

12:30   水遊び場で遊ぶ → 30分程度でテントに戻る

   →事前に調べていた水遊び場で移動。

    ライブ目的で来ていない親子連れが多数おり、楽しそうに遊んでおりました。

    ここで水着用のパンツに着替えてドボンした方がよかったですね。

    大人は替えのズボン一着あると安心。

 

 

 15:00   子ども起床、遅めの昼食

    →昼食はテントの中で。

     後々考えると森の中の方が涼しいので、もう少し早く起きていたらそこで食べてもよかったかも。

     ポルノ行かせてもらってありがとう。

 

16:30   ほぼ撤収状態にして、グラスステージ(スピッツ)に移動

     →あとはテントを畳めば撤収できる、という状態までもっていく。

      グラスステージでは、ビール売り場の左側ぐらい(会場中央)に立って聞いていました。

      耳栓は嫌がってつけてくれませんでしたが、その位置なら爆音で泣く、ということもなく聴けていました。

 

 

 

最後に

今回は事前準備をがっちりできたおかげで、参戦中問題なく過ごすことができましたが、子どもはそこで体力を消耗してしまったせいか、その週の水曜頃からちょっと風邪をひいてしまいました。

病院に行くまでは必要ないですが、咳や鼻水が出るので、少なからず疲れているのではと思われます。

この記事を読んで子ども連れでロッキン参加を考えている方は、

子どもの体力消耗などを念頭に置いたうえで参加いただければと思います。

 

でも、『二度と戻らないこの時を焼きつける』思い出の一日になったことは確かです。

多分子どもは大きくなった時に覚えてないけど、大変楽しい一日になりました。

 

 

 

 

 

【朝ドラ】なつぞら 5週目感想【ONE LIFEな再会】

どんどん更新が遅れております…

 

◾️今週のあらすじ

ある日、東京からひとりの学生が訪ねて来た。なつ(広瀬すず)と生き別れた幼なじみ・佐々岡信哉(工藤阿須加)だった。感動の再会もつかの間、信哉から兄・咲太郎(岡田将生)が新宿で働いているらしいと知らされ、なつは動揺する。そんななつを見ていた富士子(松嶋菜々子)は、一緒に東京に行こうと提案。夏休みを使って、なつは富士子とともに9年ぶりの上京を果たす。東京の目覚ましい復興に圧倒されつつ、なつは新宿の有名店・川村屋を訪ねる。そこの美人マダム・光子(比嘉愛未)から兄について貴重な情報を聞く。

あらすじ 第5週|連続テレビ小説「なつぞら」|NHKオンライン

 

◾️連れ戻し

柴田牧場まで伸哉(なつの命の恩人)が訪れるところからこの週は開始。

なつを育ててくれたお礼や連れ戻しの意思はないことを柴田牧場のメンバーに伝えるシーンで、

泰樹の不信感100%の顔がアレ。この週のラストの結婚命令にも出てるけど、

自分の孫以上に愛している故に、なつが『所有物』になっていることが伝わってくる。

富士子ちゃん(松嶋菜々子)は『大学へ行くなら今できる最善の努力を』に賛同してて、

『大学に行って自分の世界を広げたい』夕美子への当てつけのようにも映る。

 

柴田家、というか泰樹の家系は結構しっかりと『今の形、今の自分の場所』に縛られているような

描写が多いなと改めて。なつと東京に行くことも、そこで咲太郎に出会って

そのままなつ本人の人生に繋げさせる、というよりも、あくまで一時的な旅行であって

すぐに『柴田牧場に戻ってそこで人生を送る』ことを主軸にしている。

前週の白蛇姫の『個人を犠牲にして集団の幸せを成す』話が、

『なつを始めとする個人の自由を犠牲にして家族という集団の幸せを成す』ことにつながるので、

ここを北海道編でどう打ち破れるかだよね。

(まだこの後の週全然見れてないです…)

 

◾️咲太郎の手紙

一気に週後半に移り、最後の咲太郎からなつへの手紙。

長年心の拠り所にしてきた兄から『俺のことは忘れろ』の一文。これはくる。

 

東京への気持ちが『兄』だけであればここで北海道に帰ってそのまま、という展開も

あったのかもしれないけど、うっすらと『漫画映画』が残っていたのがこの後の展開に続く。

それって家族じゃなくて、なつ本人の思いがなつの人生を決めていくことになるので、

なし崩し的に東京に残って仕事に就くよくある朝ドラご都合主義じゃないんだなと。

自分の意思で自分のことを決めることが、これだけ色々と形を変えて出てくる週でした。

 

来週に続けよ…。

 

【資格】ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析スペシャリスト(上級レベル)合格のために大事な3つのこと【統計】

突然資格の話を。

 

2月くらいに会社でExcelで使える統計について学ぶ研修があり、下記①〜③をやっておりました。で、今回③をギリギリでクリアしたのでちょっと書いておこうかと。

取得したのは『ビジネス統計スペシャリスト エクセル分析スペシャリスト(上級レベル)』です。

 


f:id:KosakiFe:20190609235050j:image

 

①事前にVODで10時間以上統計のコンテンツを見る

②丸一日Excelを使った統計の研修を受ける

③統計検定2級、もしくはビジネス統計スペシャリスト  エクセル分析スペシャリスト(上級レベル)の資格を半年以内に取る

 

この資格、歴史が浅いせいかテキストも普通の書店には置いてないし、対策方法もよく分からないので、これから取る人の参考になれば。

 

◾️そもそも『ビジネス統計スペシャリスト  エクセル分析スペシャリスト(上級レベル)』とは

エクセル分析スペシャリスト(上級)は、データ分析の”実践”に重点をおき、分析データの理解・まとめ方、仮説検定、相関分析、回帰分析などを出題範囲に含みます。Excelの分析ツールや関数を活用して、ビジネスデータ分析の実践力を評価する試験 です。

エクセル分析スペシャリスト(上級レベル) | ビジネス統計スペシャリスト

 

試験時間:60分

合格点:700点(1,000点満点)

試験形式:CBT式(就活のSPIとかと同じ)

試験終了後すぐに合否が判定されます

試験費用:9,800円(税抜)

 

要は統計を実践レベルで使えることを証明するための試験。どれくらい実業務に活きているのかはちょっと自信がないけど、とりあえず前よりは基礎的な分析はできるようになっている気がする。

 

 

◾️合格のためにやったこと

①テキストを読み込む→ノートに自分なりにまとめる

 

Excel で学ぶ 実践ビジネスデータ分析  ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析スペシャリスト対応

Excel で学ぶ 実践ビジネスデータ分析 ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析スペシャリスト対応

 

 

ホントこのテキストに尽きる。

一般的な統計の参考書を補助的に使っても良いけど、とりあえず試験対策としてはこれ一冊で問題なし

一応他の参考書も買ってたけど、正直解説がわかりにくい(大学は私立文系、文学部的なところ出身なので統計勉強してないです)。

でもこれは割と読んでて引っかからなかったし、わかりやすく書いてくれている感。とにかく全部理解しましょう、ここに書いてあること以外は出ない感じ。

 

ただ、テキストに書き込むにしても余白も少ないし、なによりマーカ引くの好きじゃないので、読んでは咀嚼し、自分の言葉でB5のノートにまとめたりしていた。多分テキストの大事そうなところを書き写すだけでも効果あると思う。

 

②テキストの演習問題を何周か解いて、全部正解できるようにする

 

この資格は過去問がないので、正直どのレベルが出題されるか不安。不安で夜しか眠れなかった。

そのあたりについては、章末の演習問題がちゃんとできればとりあえず大丈夫そうです。特に知識問題は結構内容が同じだった。『間違っているものがあれば選べ』系が多いのでしっかり理解する必要あり。

後半のダミー変数とかそのあたりは、自分でダミー変数を作る作業も含めて練習しておかないとですね、最後の方時間なくなってめちゃくちゃ焦る(実体験)。

Excelを使う問題で時間を取られるので、知識系は即答できるくらいまで理解したほうがいいかなと思います。

 

Excelを使う問題は必ずExcelで練習

 

『データ分析』のボタンの位置から始まり、結構慣れが必要に感じました。

普段から仕事とかで統計に触れてないなら、とにかく演習を何度も繰り返しておかないと操作だけで時間を食うと思う。ちなみに関数に関しては、カイ二乗くらいは覚えてれば良さそう。あとは基本的なAVERAGE とかifでなんとかなる。

 

■その他

会場については町のパソコン教室みたいなところでやります。『ガヤついてて集中できないのでは?』と思ったけど、ノイズキャンセリングのヘッドフォンを準備してくれていたので、そのあたりは安心(使わなかったけど)。時計は試験中外すように言われるので、持っていってもあんまり意味なし。

 

 

こんなところでしょうか。

試験問題以外で思い出したりしたら追記するかも。

 

履歴書に書ける統計の資格って意外と少ないようで、メジャーなところで行くと統計検定とかオラクル関係。そういう流れの中でこの資格が役に立つかっていうとわからんのだけど、『統計それなりにわかる人』には見られるのでいいんでないでしょうか。

 

 

完全独習 統計学入門
 

 

 

 

 

【朝ドラ】なつぞら 4週目感想【演じないActress】

なつぞら 4週目の感想です。

GW前頃に新築一戸建てに引っ越しするとこまではよかったけど、BIGLOBE光の工事が6月下旬までできないとかいうクソ仕様のためテレビもネットも使えず、サラリーマンと朝ドラマラソンは非常にしんどい状況。ていうか今もしんどいわ!

 

auのフラット30契約&U-NEXT一ヶ月無料の合わせ技でなんとかなつぞら追いかけております。たまった分をなんとかせな。

 

■今週のあらすじ

泰樹と剛男の仲違いがきっかけで、演劇を始めたなつ。いざ入部すると演劇部の練習はとても厳しく、酪農との両立も難しくなっていく。さらに、顧問の倉田先生は、物語の重要な役をなつに与える。慣れないセリフに苦心するなつに、倉田は何度も何度もダメ出しを続ける。ある日、舞台美術を手伝いに来た天陽(吉沢亮)は、部室で落ち込んでいるなつを目にする。なつを追い詰める倉田に天陽が食ってかかると、倉田は思わぬことを打ち明ける。

あらすじ 第4週|連続テレビ小説「なつぞら」|NHKオンライン

 

■十勝の人こそ演劇が必要

週前半で倉田先生が言っていた『十勝の人こそ演劇が必要』、これが今週のコア部分でした。十勝に生きて開拓し、農業や畜産で命と共に過ごし、生の実感を得ている人々こそ、『魂』を込めた演劇ができる。

演劇の偉人世阿弥も『風姿花伝』の中で『思わざれば花なり、思えば花ならざりき』と言うように、演じようと思うことが前半のなつへの叱責に繋がっていた。なつが夜ふかしして登場人物のイラストを描いていたのも、客観的に白蛇伝説を見ようとしていたからで、そういう点から見て逆効果だったんだなと。(とはいえ、あの描写のおかげでなつがアニメ向きの絵を描けることや、天陽くんとの方向性の違い、天陽くんの絵の凄さが際立つので結構重要な場面)

魂なんかどこにもないフィクションのキャラクターの『魂を作る』ことへの天陽くんや倉田先生の姿勢って、クリエイター的には共通してて、究極的には自身との対話や人生経験の発露でしかその役(その作品や絵画)を表現できない。その発露の出し方がオリジナリティに繋がるので、そう考えると演劇部の『白蛇伝説』で表現できていたのって、奉樹との関係性を下敷きとして演じていたなつくらいしかいないのかも(どう見ても白蛇の子も別ベクトルで対話の結果だったけどね)。

 

◾️応援となつに求める姿

応援の形も色々あることが示された回でした。母の富士子ちゃんからは『親切にしてもらってる、と距離を感じるけど、母親としてやれることはやりたいと応援する』、夕見子からは『自分のために演じるなら応援する』、ヤスケン達雪月の3人からは『息子の晴れ舞台だし、金にならなくても応援する』。

 

それぞれの立場からそれぞれの応援の仕方があるけど、どれもなつや雪次郎に在ってほしい姿を求めていた。特に夕見子の『自分のため』っていうのは、これまでなつが無意識で自分を抑えて家族の役に立つ、というか家族の中の役を演じることをやめるように言うことに繋がっているし、精神的自立を促す一言。来週からの独り立ち編に続くための大事な一言でした。

 

■その他

1955年は牛乳の市場価格が70円程度/L、仕入れ値がその6割くらい(42円)とすると、仕入れ値が柴田牧場と天陽くん牧場で6円違うということは1割ほど違うわけか。そりゃ割に合わない。

戦後昭和史 - 牛乳と粉ミルクの価格推移

生乳の卸価格、地域差1.6倍 業界団体が初公表: 日本経済新聞

 

天陽くん、ていうか吉沢亮、顔がいい。

 

 

吉沢亮  PHOTO BOOK 『 One day off 』

吉沢亮 PHOTO BOOK 『 One day off 』

 

 

優しいあの子

優しいあの子

 

 

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【朝ドラ】なつぞら 3週目感想【お茶が欲しいGrandFather】

なつぞら 第3週の感想ブログです。

この週末ちょっといろいろあって家にずっといたので、撮り貯めてたなつぞら、いだてん(二ヶ月分くらい)をやっと消化。

プライムビデオでクレヨンしんちゃんの映画マラソンも始めたけど、

GW中に走りきれるかどうか…

 

■今週のあらすじ

昭和30年初夏、なつは牧場を手伝いつつ、農業高校に通っていた。ある朝、母牛が産気づき、泰樹は出産の準備をするが、生まれた子牛は息絶えようとしていた。動揺する泰樹たちの前で、なつは思わぬ行動で子牛の命を救う。一方、柴田家では酪農の経営をめぐり、泰樹と剛男がぶつかっていた。家族の仲違いに悩むなつは同級生の雪次郎(山田裕貴)に相談すると、演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)を紹介される。倉田のアドバイスは意外なものだった!

(公式HPから抜粋)

www.nhk.or.jp

 

■9年後の"絵を描くこと"は"呼吸すること"

9年経ってなつも高校三年生、農業高校に通いつつ、柴田家の酪農に携わる日々。

学校で習った人工呼吸法で逆子の仔牛を蘇生させるなど、

泰樹(草刈正雄)にもできないことを覚え、柴田家には欠かせない存在に。

天陽くん(吉沢亮)とも続いており、お互いをデッサンしあう仲。

吉沢亮の顔が良くて尊い。はやくタチバナさんとの交信シーンを流してくれ。

 

デッサンシーンでは、今のなつや天陽くんにとっての"絵を描くこと"について

明確に話してくれていて、『トイレに行くことと同じ』とのこと。

『十勝の自然が厳しくても、絵を描くことでその厳しさと向き合える』、

忙しい日常をちゃんとアウトプットができていることが重要であると。

 

9年前、天陽くんにとって絵を描くことは『厳しい現実を消化するための

唯一の手段』だったのが、より呼吸のような位置づけに昇華していて、

9年前からの生活の安定や精神的な成長も見られる。

とはいえ、農業>絵であることは変わらなくて、あくまで絵を描くことは

自分自身の人生を見つめなおす一環である、というレベル。

モデルになった神田日勝もこんな感じだったのかな。

 

 

■"お茶"が欲しいな…

価格の透明化を推し進めたい農協 vs 昔ながらの人間関係を大事にしたい泰樹、

今週の大きなテーマ。

 

なつが家族の中における"自分の立場(泰樹と剛男との橋渡し)"を果たしたいけど、

演劇部の倉田先生(柄本佑)にも言われた通り、

自分の答えはどうなんだ」ということがイマイチあやふやだった。

これまでなつが(裕福な)柴田家の中で生きてきたゆえに、

自分自身の考えを良くも悪くも持たなくてもよかった。

考えを固めるために色々な人に相談して話を聞く、という行為が

なつの成長を思わせる一幕。

 

泰樹の昔の辛さ(守ってくれる存在がいなくて妻を亡くしたこと)を

知ったなつは、決して農協のことを意固地になって反対しているわけではなく、

だからこそ自分の力で生きていかないといけない、という方向で

泰樹が生きてきたことを知る。

 

皆と一緒に食卓を囲まず、一人自室で饅頭(?)を

呑み込もうとするも、『お茶が欲しいな…』と呟いて我慢する泰樹の図は、

好きなもの(これまでの人生・生きざま)を、年老いた自分自身(昔から変化した環境)が

呑み込めない(受け入れられない)から、お茶(家族の潤滑油であるなつ)に助けてほしい、

そんなようにも見える。

なつがいてくれたことで翌日の泰樹も少し素直に謝れた、その態度が

まさに『お茶』の重要な役割だったのではないか。

 

 

お茶考察、ちょっと深読みでしたかね。

今週は金・土の放送が見れなさそうなので、ブログはおろか

内容の堪能もできなさそうで不安です。

 

 

 

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

 

 

優しいあの子

優しいあの子

 

 

神田日勝 (ミュージアム新書)

神田日勝 (ミュージアム新書)

 

 

 

【朝ドラ】なつぞら 2週目感想【dreamのバトンをつなげ!】

遅れておりましたが、ようやく『なつぞら』2週目の感想を書きます。

タイトルはエグゼイドに寄せてみた。

 

週末にまとめて放送しているのはダイジェスト版なので、

しっかり見たい人向けじゃないのを初めて知りました。

 

■今週のあらすじ

〜なつよ、夢の扉を開け〜

東京の兄に会いたいと、家出したなつを富士子や剛男は、懸命に探す。一方、帯広にたどり着いたなつは警察に保護されたが、そこからも逃げだし、行き場を失っていた。ようやくなつを見つけた柴田家のみんなは、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹の夢であるバターづくりを教えられる。そしてさらに将来につながる、大きな「夢」と出会うことになる。

(公式サイトから転載)

連続テレビ小説「なつぞら」|NHKオンライン

 

 

■"夢の扉"は家族になるための扉

今週は『夢』の描き方と対比が山場でしたね。

柴田家を家出したなつがお父さんの手紙を読み返すシーンでは、お父さん(内村光良)の語りの中で、自分が死んだ後にしか読まれない手紙の中でようやく『家族が一緒にいる』『夏祭りにも行ける』事をアニメで表現されるわけです。ここをなつが『夢を見た』と表現しちゃうところが切ない。

今週のタイトルが『夢の扉を開け』なのに、開いても悲しくて寂しいことしか出てこない。そりゃなつだってチクショーとか言うわな。

 

一方で、夢の扉を開いたことで、柴田家への入り口になる扉を開いたことにもつながる。

抑えていたなつの『どうして自分には家族がいないの』の問いに、あくまで『家族はいないがワシらはおる』と、いい意味で一線引いた距離感で歩み寄る泰樹(草刈正雄)。

安直に『ワシらが家族になる』と言わないあたりに、厳しい環境の中で生き抜いてきた人生経験が見え隠れしているように思う。

 

■"夢"のバトンリレー

週の前半で"なつの叶わなかった(家族と過ごす)夢"を描き、その流れから間を開けずに"泰樹の叶えたかった(これから孫達に託したい)夢"に自然につないでおり、うーんいい流れ。

完成したバターが、また新しい夢(好きな子のためにバターを使った美味しいお菓子を作る)につながっているのも、夢のバトンリレーが表現されているなぁと。

 

バターのエピソードが一段落して、いよいよ"なつのこれからの夢"(の芽になる)漫画映画の下り。ここも夢のバトンリレーですね。

チャンバラ!チャンバラ!

 

◾️現実との折り合い

週の後半では、天陽くん一家を中心とした『現実との折り合い』の付け方。

なんで天陽くんが死んだ馬ばかり書くのか、それは絵や馬が好きなんじゃなくて、

どうしようもない現実(自由に絵の具も使えない家庭環境や、生活に必要不可欠な

馬が死んでしまったこと)へ立ち向かう唯一の手段だったから。

 

泰樹の夢は、劇中では『叶いうる夢』だと思うし、これから出てくるなつの夢(アニメーター)も、

まぁ柴田家の裕福さを考えれば現実味があるんだけど、天陽くんの夢(十勝で生きる)は

正直難しいと言わざるを得ない。

戸次さんの言うところの『事情』が、お金や資源(馬や家、土地)といった『重い現実』だし、

そのあたりを開拓第一世代である泰樹が『事情なんかくそくらえだ!』って言って

人海戦術でごり押ししちゃうあたりが朝ドラって感じのハッピーさ。

 

でも、それらを踏まえた上での『なつにとってのおじいちゃん』が、本当の家族とは

違ったベクトルで『家族』であり『理想』であり『夢』になっていった、という文脈かなと。

そういう意味では、今週は『夢の扉をいくつも開いた』というタイトルが

ぴったりの週でした。

 

 

まだ第3週、一回も見てないのに金曜の夜になってしもうた…

 

 

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

 

 

 

優しいあの子

優しいあの子